◆The Last Feast House◇

デネ侯の食卓

naur◆炎◆
元のサイトで完全版を読む
ホビットの食卓は、下のポストにもありますように大変美味でございました。 生協やってるのですが、「手羽元スモーク」というのをとってみました。 ちょっと間違えてて、「手羽先スモーク」だとおもってたんですね。 きてみたら、しっかり丸齧りタイプのスモークチキンで・・・ゴハンのおかずというよりはつまみ・・・ そこで、これをデネ侯つまり、ゴンドールの執政閣下デネソール侯の食卓メニュにしてみよう!と思いついたワケです。 ・ブロッコリとスティックサラダ(さやえんどうだけどグリンピース入りで柔らかいものデス)  の塩茹で。 ・プチトマト(これは絶対必要!) ・モッツァレラの小さくて丸いもの ・手羽元スモークチキン ・ぶどう(これも絶対必要! チリ産のレッドグローブ) ・ディルの葉 以上を、四角い和風の大皿に盛り付けました。 ほかに茸入りトマトスープとエビピラフ。 まず、おもむろにデネ侯となって、チキンを自分の皿へごろん。 それから、プチトマトとモッツァレラをごろん。 さすがに葡萄は最後のデザート用に残して、さあいただきます! 感想は「それほど別に美味ではない・・・」 というのは、チキンは暖めましたけど、あとは冷たいものばかり。 デネ侯のあの料理は、ゴンドールのファストフードなんですね! いつでもすぐに食べられる、お給仕する人材もいらない、とりあえず栄養は足りる(らしい)。 だからあんなにマズソーに食べてるわけだ。 デネ侯プレートよりも、スープとエビピラフのほうが箸が進みました。 百聞は一見に如かずとはよく言ったものです。 いや、映画だから  百見は一食に如かず。 しかし、デネ侯プレートは、すごいです。 ゴンドールの執政は、ファストフードにプチトマトと葡萄をのせています。 ゴンドールの領土でトマトと葡萄は3月に採れるんでしょうか? そりゃゴンドールだから遠くから運んでくるのよ、とは某オババさまの言。 それともハウス栽培かしら?ヌメノールの遺産かも?
もっと見る